痛いの痛いの飛んでいけ!痛いリウマチに悩むならセレコックス

セレコックスの服用法

そもそも薬には効果効能の代償として、少なからず副作用のリスクを伴います。
最大限に薬の効果を引き出す事が一番重要である為、どんな薬であっても服用する患者と医師の相互協力関係が重要です。

【セレコックスの効果】
炎症部位であるシクロオキシゲナーゼのみを阻害する事により、プロスタグランジンを合成する事を抑制します。
これにより、消炎と鎮痛剤としての両作用を引き出し、痛み、炎症を抑えてくれます。
通常であれば、このセレコックスはリウマチ(関節)、腰痛、腱鞘炎等その他多くの治療や手術後の消炎鎮痛剤として広く使われております。

【使用する上で注意すべき事】
セレコックスを服用後、痒みや、発疹等のアレルギーの症状が発症した事が報告されております。
妊娠、授乳中、また他の薬を服用している(効果を強めたり弱めたりする事もある為)

【服用方法】
リウマチ(関節):成人は通常1回2錠迄を2回、朝と夕食後、服用とします。
術後、外傷、抜歯後:成人は4錠(※初回のみ)、初回以降はリウマチと同じく1回2錠とし、それを1日2回とします。間隔としては朝の服用から6時間以上はあけるようにしてください。
頓用:これも初回のみ4錠、その後必要に応じて術後や外傷、抜歯後と同様に初回以降は2錠を6時間以上あけて服用してください。但し、服用は1日2回迄です。
いずれにせよ使用上の注意を良く読み、必ず医師に指示された通りの服用方法を守ってください。
飲み忘れは、気付いた時、出来るだけ早めに1回分を飲むようにしましょう。但し、周期として次の飲む時間に近づいた場合は、その回の服用を止め、次回の服用時、1回分を飲むようにしてください。
ここでやってはいけない事として、絶対に一度に2回分を服用しないようにしましょう。
定められた錠数以外を誤って飲んでしまった場合、専門医や薬剤師に相談し、ください。自己判断で判断で何でも解決してしまうのが、お薬を服用していく上で一番危険です。